ホーム > くらし > 借金の解決のために

借金の解決のために

雑誌のチラシ、ゴシップ紙、電柱に見かけるチラシやダイレクトメールで、「多重負債の整理整頓任せなさい」「多重負債を統合したくないですか」といった惹句を見かけることがあります。

 

このようなものは、「整理屋」「買取屋」「紹介人」という俗称の業者のおとり広告の場合もあるということです。

 

そういったものを申し込んだ場合には自己破産申し立てプロセスの中で最優先の免責認可を得られない恐れもあります。

 

「整理屋」というのは、ダイレクトメールなどで負債者を寄せ集め、高いサービス料を取り整頓を行うのですが本当は債務整理は行われないで、より一層の負債スパイラルに落ちる結末が大方になります。

 

「買取屋」の場合依頼者の借金でデジタル用品、何らかの券などをたくさん購入させ依頼者からその品目を購入額の2割や半値で購入するというやり方です。

 

借金者は一時的にはお金がもらえますが、少しすればカード業者によって買ったものの全額の返済請求が届き、結局のところ債務額を増やすことになってしまいます。

 

この際はクレジットカード企業相手の犯罪行為とされてしまい免責許可を受けられなくなります。

 

「紹介人」というのは人気のサラリーマン金融から断られる借金人へ融資はせずに、提供を受けられる関係無い店を呼び出し、すさまじい手数料を出させる業者です。

 

紹介屋は高度なつなぎで資金提供してもらったかのようにしゃべりますが、本当は何もせずただ調査のゆるいサービスを知っているというだけです。

 

このときも現実には借金額を重ねる結末となります。

借金相談


関連記事

夏の花
家の玄関に花を欠かさずに飾っています。やっぱりお花は心の癒しになりますよね。 &...
借金の解決のために
雑誌のチラシ、ゴシップ紙、電柱に見かけるチラシやダイレクトメールで、「多重負債の...